たら走る

マラソン・トレラン中心の雑記ブログ

応援者と確実に落ち合う方法-東京マラソン穴場スポット紹介-

====================================================

この記事では、マラソンを走る際に応援者と落ち合う方法について

東京マラソンを例に紹介しいていきます。

====================================================

 

 

東京マラソンでは、沿道からの応援がものすごいですよね。

人気スポットの銀座や浅草なんて、人垣が3重4重にもなっていて、お祭り騒ぎ。

この晴れの舞台に、応援してくれる知人がいる方も少なくないかと思います。

 

ところで、応援して下さる方からこんな質問されたことはありませんか?

「どこで応援したらいい?」

「どうしたら会える?」

「確実に会うにはどうしたらいい?」

 

そんな疑問に答えます!

 

 

 

応援場所を決めておく

 大勢の人々の中から互いを見分けるのは非常に困難です。

ランナーが応援者から遠い中央分離帯付近を走っていると、絶対に落ち合うことが出来なくなってしまいます。

 

まずは応援してもらう場所を決めておきましょう

 場所は他の応援者のなるべく少ない場所を選ぶのが確実です。

 

 

避けるべき応援者が多い場所は、 

 ×スタート・ゴール付近

 ×折り返し地点

 ×ターミナル駅付近

といった場所です。

 

東京マラソンでの雷門前の様子。折り返し地点なので人とカメラで埋め尽くされています。

 

f:id:tara0:20190213084910p:plain

 

 

また、ランナーが往復して走る場所をなるべく選びましょう。応援者が道路の対面に移動することができれば、2回ランナーを応援できますからね。一度落ち合えなかったとしても、もう1回チャンスがあります。ただ、レース中に応援者が道路を横断出来ないので、高架や地下鉄を利用して横断できる場所を指定しましょう。

 

 

 

沿道の応援者が少なく、ランナーが往復して走行する 場所を黒枠で囲いました。

f:id:tara0:20190213092452p:plain

 

 

目印となる建物を決めておき、何キロ地点にあるかを把握しておく

目印となる建物等を決めておけば、ランナーがピンポイントで応援者を探すことが出来ます。google mapを利用して、遠くからでも判別できる建物を指定しておきましょう。

下の写真を例とすると、右手のみちのく銀行が目立っていて分かりやすいですよね。

f:id:tara0:20190213085154p:plain

 

このポイントは、水天宮駅周辺で、スタートから11.05km地点 です。沿道の観客もまばらで、落ち合うには良いポイントです。

 

お互いの服装を確認する

大勢のランナーから1人を探し出してもらうには、遠くからでも判別し易い服装を伝えておくと良いです。例えば、青色のTシャツを着て走ると伝えておけば、Tシャツが青色のみの方を探せば良くなり、探す負担が軽減します。応援者の方になにか風船などの目立つものを持ってもらうとランナー側からも探しやすいのでお勧めです。

 

 

ランナーがどこを走っているかリアルタイムで伝える

応援者には次のいずれかの携帯アプリをダウンロードしてもらいましょう。

 ・応援ナビ

 ・ランナーズアップデート

5km毎に計測される通過タイムから予想されるランナーの現在地を知らせてくれます。

 

 また、スマホを持って走るランナーの場合は、google map の「現在地を共有」する機能を利用すれば、リアルタイムで現在地を伝えることが出来ます。

 

東京マラソンの応援で穴場スポットはどこなの?

私がおすすめするのは、

 ★水天宮前駅 周辺

 ★清澄白河駅 周辺

の2か所です。

 

この周辺は、

・沿道からの応援が少ない

・ランナーが往復して走行するので2回応援できるし、地下鉄の地下通路を利用することで簡単に道路の対岸へ渡ることができる

・水天宮前駅と清澄白河駅は東京メトロ半蔵門線で隣り合った駅であるので、少しの移動で合計4回応援できる

 

といった利点があります。

 

 

参考にしてみてください。