たら走る

マラソン・トレラン中心の雑記ブログ

ランニング用靴下の穴を塞いで延命させる方法

こんにちは。

 

ランニング専用の靴下って、普通の靴下と違って値段が高いですよね。

高いくせに、一回のフルマラソンで穴が空いてしまうこともしばしば。

そんな短命の靴下を次々と購入していたのではお財布がからっぽになってしまいます。

 

そこで、靴下の穴をアイロンで簡単に塞いで延命させる方法を紹介します。

この方法で、靴下の寿命が走行距離40kmから800kmと20倍に伸びました!

 

 

 くつ下用補修布でアイロン接着

方法は簡単。こちらの商品を使用します。

 


 

 

 

 

 

補修布を適度なサイズをハサミで切り抜いて、

f:id:tara0:20190217222336p:plain

 

 

靴下の補修したい部分において、アイロンで溶着させるだけ。

 

完成!

 

 

補修布の接着面は、樹脂のようなもので凸凹してます。この樹脂のようなものがアイロンの熱で溶けて靴下に接着されます。

f:id:tara0:20190217221114p:plain

 

 

ちなみに、800km走行した靴下はこちらです。

足の甲はまだまだ使えそうですが・・・。

 

足裏部分はメッシュ状になってる・・・!(汚いものを見せてしまってごめんなさい!)

 

 

 

わたしはtabioというメーカーのランニング用靴下を愛用しています。

他のメーカーの靴下では、穴を塞いでも800kmももたないのかもしれません・・。