たら走る

マラソン・トレラン中心の雑記ブログ

第4回(2019)トレニックワールド in 彩の国 100km 完走 (No.2)

たらです。

トレニックワールドin彩の国に参加し、無事完走しました。

 完走記を続けて書いていきます

 

 

スタート~飯盛峠  ~12.9km

スタートしてからの周囲の方々のスピードが速い!

こんなスピードでは体力が持たないのは明らか。

でも楽しい。負けたくない。

自分で自分を馬鹿だと思いつつも、5:30min/kmペースでロードを走る。

 

トレイルに入ると混雑してくる。

遅いランナーが渋滞を作る。長い列を作る。

トレラン大会では必ず起きる。風物詩か。

とはいえ、立ち止まる程の渋滞ではないから、前の人に続いて走る、走る。

あっという間に飯盛峠到着。

スタートから飯盛峠までは、登り基調だがすんなりいけた。まだまだ元気な証拠だ。

f:id:tara0:20190516133020p:plain

 

 

トレニックワールドでのタイム計測は、リストバンド状のタグを機械にタッチする方式だった。機械にタッチすると、「ピヨピヨ」と大きな声で鳴く可愛いやつ。

以降、エイドが近づくと「ピヨピヨ」と鳴いて知らせてくれることとなる。

 

このエイドには、バナナと団子と菓子パンがあった。

そして、すべてのエイドにたくさんの種類の飲み物が置いてあった。炭酸ありなしそれぞれのジュース複数、豆乳、スポーツドリンク、お茶等。うれしいおもてなしだった。

 

バナナを1切れ頂き、その場で食べる。

暑くて、予想以上に水を消費しているので、ハイドレーションにたっぷりスポーツドリンクを補充する。

バナナを2本手に持ち、そのままスタート。

 

1時間53分経過・・

 

飯盛峠~常平キャンプ場  ~23.6km

20kmを過ぎたころ、既に疲労がたまってくる。

そりゃそうだ。

練習で20kmくらいしかトレイル走ってないもの。その練習で十分疲れていたのを思い出す。100kmは長い。すでにこんなに疲れていて、ゴールできるのか心配になる。

若干気持ち悪い。元来胃が弱いのもあるが、気温の高さやオーバーペースがより胃にダメージを与えたのだろう。

そして、この区間は、本当に曲者で、平坦なようで実はすごい勾配がある。

再度高低図を出すが、CP1~CP2の区間、標高は大きく変わらないけど、細かく登り降りさせられる。累積標高差は865mにもなる。これは、スタートから飯盛峠の累積標高差870mとほぼ等しい。

f:id:tara0:20190516133020p:plain

 

ヘロヘロになりながら、常平キャンプ場到着。

陽気な白人が白い犬を連れて応援してくれる。見た目も心もイケメンか。

 

ここで胃薬PPIを飲む。

水分補給をしながらぼんやりしてると、ふくらはぎがチクチクする。

アブだ。

あっちいけ。

 

またチクチク。

アブだ。

あっちいけ。

 

またチクチク・・・。

疲れていて、あまりアブにかまってられない。

 

しっかり追い払っておけば、いまブログを書きながら、ふくらはぎも掻くということはなかったのだろう。

この時は、判断力が低かった。疲労困憊。

 

5分ほどですーーっと気持ち悪さが消える。すごいぞ、PPI!すごい!

紙コップに入れてあるスープパスタを3杯いただいた。トマトにニンニクの香り付けされたソースがうまい。おなか一杯になるまで食べれたし、腹ごなし感覚で、のんびり歩いてエイドを出発!

f:id:tara0:20190516134424j:plain

3時間48分経過・・・

 

 

常平キャンプ場~慈光寺

下りが続く続く。

腹いっぱい食べたおかげで、とっても元気。坂を駆け降りる。

自分のペースで下れないと、無理にブレーキかける走りになって大腿四頭筋がつかれてしまう。どんどん抜いていきたいところだが、道が細くて抜くのが難しい。

そうこうしてたら、予期せずふくらはぎがつってしまった。

ふくらはぎを見ると、中に大きな虫がうごめいているように、筋肉がぐにゅぐにゅ動いている。これは面白い!

 

立ち止まって

「大丈夫ですか?」

と声をかけて下さった優しい方に、

「見てください。めっちゃ動いてる!」

と返答。まだまだ私は大丈夫そうだ。

 

つりに効くというエネルギージェルMag-onを飲んで、しばらく様子見。

 

下った後は、また登り返しがある。ここではスープパスタでチャージされた元気が切れて、ヘロヘロ。この間あまり記憶がない。

慈光寺到着。

とりあえず横になって、リラックス。

仲間はたくさんいるのだ。

 

 

f:id:tara0:20190516140112j:plain

 

 

このエイドでは、サンドイッチが食べれた。唾液がなかなか出ず、食べにくい。エイドの豆乳で流し込むように食べた。

 

6時間15分経過・・・

 

慈光寺~くぬぎむら体験交流館

エイドを出発すると、後ろから、

「たべすぎたー。」

「おなかいっぱいー。」

と大きな声で独り言を放つおじさまが。

自分もそうだが、トレランの大会中は頭がおかしくなるのだ。

「うるさい独り言ですね!」

返事はこれくらいがちょうどいいのだ。(たぶん)

その後、疲れただの話をしながら歩く。

現状十分に早いペースで来ていて、このまま歩いてでもゴールできるよとの情報を貰い、ほっとする。完走率の低い大会だけに、完走できること自体が勲章になるのだから。

 

歩いてもゴールできる誘惑に負けないように、おじさまとはさよならして走った。

このあたりは標高差が少なくなって走りやすい区間なのだ。

 

くぬぎむら体験交流館到着。

 

 

お稲荷さんを1個食べる。

お稲荷さんを2個手に持ってスタート

 

去年はここでヘッドライト所有の確認をしていたようだけど、今年は無かったな。

・・・7時間53分経過

 

 

くぬぎむら体験交流館~ニューサンピア埼玉おごせ

ここからはゆるやかな下り基調。

徐々に周囲が暗くなってくる。

でも、ヘッドライトは点灯させたくない。なぜなら、ヘッドライトをリュックから取り出すのが面倒だからw

前半はあとすこしと自分を励ます。

疲れがあるのでゆっくりだが、走る走る。

 

あと5分でも遅ければ、あたりは真っ暗になるような場面でロードに到着。

よかった・・。

そのままのろのろ走り、ニューサンピア到着!

 

・・・9時間51分経過

 

ここからしばらく休憩時間。

また気持ち悪さが出てきてしまい、何も食べれそうにない。

再度PPIを飲む。

・・・・すっきり!

 

ほんとすごいな。PPIは。

ガスター10mgやガスター20mgよりもずっと効く。

ロングレースには欠かせないな。

 

唯一ニューサンピアのみ氷が用意されていた。マイカップで冷たいコーラが体に沁みる。マイカップを一端ベンチに置いて、カップに入ったカレーライスをいただく。

おかわり、おかわり、おかわり。

4杯もいただいた。

体の底からむくむくと元気が湧いてくる。

胃が快調になると、元気になる。

 

この時ベンチに置いたマイカップとは、ここでお別れした。

そう、また置き忘れたのだ。

 

夜は冷えるとの予報だったのでアンダーウエア+Tシャツ+ロングパンツで防寒対策したが、走っているとすぐに暑くなり、汗だくになった。アンダーウエアは脱いでリュックにしまった。

昼と同じTシャツ・ハーフパンツで十分だった。

また、視界が悪くなるので、けがをしない様に軍手を着用したが、これは正解だった。

地面や木を掴むときに重宝した。転倒による怪我の可能性も低くできたはずだ。

 

ニューサンピア出発

・・・10時間43分経過